デイサービス( 通所介護)

目次

デイサービスの概要

デイサービス(通所介護)とは、要介護者の方に老人デイサービスセンターに通って頂き、当該施設において入浴、排せつ、食事などの介護その他の日常生活上のお世話であって、厚生労働省令で定めるもの及び機能訓練を行います。

似たような名前に「デイケアサービス」というものがありますが、こちらは医療系ですから老人保健施設、病院、診療所でないと指定申請できません。「デイサービス」とは異なりますのでご注意ください。

人員用件

  • 管理者:1名
  • 生活相談員:専従1名以上
  • 看護職員:専従1名以上
  • 介護職員:利用者が15人までは専従1名以上。15人を超える場合には5名またはその端数を増すごとに1名を加えた数以上。
  • 機能訓練指導員:1名以上
    利用定員が10人以下の場合には、看護職員は置かなくても大丈夫です。

資格要件

  • 管理者:特にありませんが、専従かつ常勤である必要があります。
  • 生活相談員:社会福祉主事任用資格、社会福祉士、実務者研修修了者、介護職員基礎研修修了者、介護福祉士、ヘルパー1級など。
  • 看護職員:看護師、准看護師など
  • 介護職員:資格要件はありません。
  • 機能訓練指導員:理学療法士、作業療法士、など。

設備要件

  • 食堂、機能訓練室(これらは同じスペースでも可)、静養室、相談室、事務室など。面積は定員1人当たり3㎡以上あることが必要です。

例えば機能訓練室の広さが25㎡の場合は最大で8名までの利用となります。

事前協議などで図面を基に窓口の担当者と話を進めていきますが、一般的な図面は部屋の広さを壁の中心部分から算出しているケースが多く、正確な内寸での数値ではないことがあります。

現地調査の際に調査員が実際に部屋の面積を図るのですが、図面で示している広さが無いことが現地調査の段階で判明し、申請書類の大幅な変更を余儀なくされることがあります。

部屋の広さが狭くなるということは、利用者の数が変わることがあります。。利用者数が変わるということは、収支予算書の数字も変わってくるため作り直しが必要になってしまいます。

通所介護の場合は施設要件をクリアすることが非常に重要です。

提出書類(福岡県)

  • 指定居宅サービス事業者指定申請書
  • 指定通所介護事業者の指定に係る記載事項
  • 指定申請手数料(納付書)
  • 申請者の定款、寄付行為などの写し
  • 法人登記簿謄本(登記事項証明書)
  • 誓約書、役員名簿誓約書
  • 従業者の勤務体制及び勤務形態一覧表
  • 組織体制図
  • 管理者経歴書
  • 資格証の写しなど
  • 雇用(予定)証明書
  • 事業所の平面図
  • 事業所の写真
  • 案内図(近隣見取り図)
  • 運営規定
  • 利用者からの苦情を処理するために講ずる措置の概要
  • 財産目録
  • 備品の一覧表
  • 送迎車両(送迎車両を用意する場合)
  • 収支予算書
  • 損害賠償保険証書の写し(保険料支払い領収書の添付をする場合有)
  • 介護給付費算定に係る体制などに関する届出書
  • 業務管理体制に係る届出書
  • チェックリスト

設備要件が厳しい通所介護

通所介護事業は他の事業と比べても指定申請の手続きが非常に複雑です。特に設備要件が非常に厳しく定められているため、これを乗り切らないと上記した20種類以上の申請書類作成が中々進みません。

ご覧頂いたように申請には膨大な書類の準備と事前協議を含めた窓口との折衝が必要になります。

皆様が開業に向けて準備することはなんといっても利用者の確保です。収支予算書を作成していていつも思うのですが、例え小規模通所介護であったとしても日々、一定の利用者が確保さえできていれば事業として十分に成り立っていけます。

しかし、それには開業当初の利用者をいかに集めておくかが最重要課題です。申請に関わる面倒な手続きは当事務所にお任せ頂き、皆様は利用者の確保のためにその時間を費やしてください。

当事務所は必ず皆様のお役にたてると考えております。お問合せは電話、メール、お問合せフォームから!

サービス内容

  • 役場との事前協議
  • 各種申請書類作成
  • 役所からのヒアリングの際の同席
  • 事業所検査の際の立会い
  • その他、申請に関わる手続き